So-net無料ブログ作成
検索選択

真田丸の長澤まさみの演技がうっとおしい… [テレビ]

NHK大河ドラマ「真田丸」で堺雅人が演じる真田信繁の“生涯のパートナー”として

紹介されている信繁の幼なじみ『きり』。

『きり』を演じてるのは、長澤まさみ

『きり』は真田家重臣・高梨内記の娘。

青春時代から大坂の陣まで、信繁の波乱の人生に寄り添い続ける…という役どころ。

ネット上では、長澤まさみ演じる『きり』への批判が目立つが…。



きりは、史実でも側室として名前が残っている、『真田丸』のメインヒロイン

脚本を担当している三谷幸喜が

「時代劇になれていない若い世代に興味を持ってもらう役目を担ってほしい」と語っていた長澤・きり。

仕える信繁や昌幸たちに対しても素直に文句を言ったり、すねたり、甘えたりというキャラクターなのだが、

時代劇をやっている中に一人だけ現代ドラマのキャラクターがまざっているようで

「きり、ウゼー」「いくらなんでもうっとおしすぎる」「こんな役で本人もかわいそう」と、

にわかに批判が高まってきている様子…。


前半は着物姿も似合う長澤のルックスもあって

「かわいいし、オッパイでかいからそれでいいんだよ」とかばっていた視聴者たちも、

7話では信繁の姉・まつの死(生き残っていたわけだが)、

そして今回は戦さ中とシリアスな展開でも相変わらずだったために、

ヘイトが高まってきているようだ。どこまで制作陣の意図どおりなのかは分からないが、

あまりにヘイトを貯めすぎてしまわなければいいのだが……。


「ドラマはいいけど、長澤まさみがウザすぎる」「きりだけイマイチ」「演技が不愉快」など、

この役柄に対してピンポイントに不満を語るコメントが非常に多いのが現状である。

長澤の演技に対する評価は「上手くもなく下手でもなく」という感じだったかと思うが、

これほど酷評される理由はなんなのだろうか。

「長澤に対するバッシングというよりは、三谷幸喜の脚本と演出に対しての文句でしょう。

戦国時代の女性とは思えない『現代人風』のセリフに、ものすごい違和感があります。

以前長澤が取材で語っていたところによれば、

『現代劇のせりふで時代劇を演じるのがミソなんだ』と三谷に言われたんだとか。

彼女は時代劇のせりふに慣れていない若い世代の人たちを取り込むための『入口』という意図、設定があるそうです。

現状は完全にスベッていますが……」(芸能記者)

ネットには「うるさい木村佳乃(信繁の姉役)がいなくなったら、今度は長澤かよ」という意見もある。

ドラマ全体で見れば戦国時代独特の武将同士の「だまし合い」がうまく表現されているのだろうが、

女性同士のやり取りは資料が少ないのか、どうしてもコミカルな「三谷ワールド」風味になってしまう。

その部分が一部の視聴者にとってはうっとうしいのかもしれない。

無論、長澤まさみのどうしてもおっとりした雰囲気が、気が強めで元気な役柄に合っていないのかもしれないが……。

「近年はドラマや映画で『セクシー路線』に転向して評価を上昇させている長澤ですが、

『真田丸』ではまだ10代の少女役。最近では見られなくなった純朴な役柄が、

イマイチハマってないように見えてしまうのも仕方ないかも……。

実際、“清純派”キャラで押し通していた時期の彼女の評価は散々でしたしね。

今後きりもどんどん年齢が上がっていくので、見合った演技になっていく可能性もありますよ」(同)

視聴者のみなさん、序盤はとりあえず我慢すべきのようだ。


確かに、時代劇ファンにとって現代劇の要素はいらないと思っている人は多いだろう。

最近のテレビ業界は「若い人を取り込む」といっては

年配視聴者の視聴率を下げているとしか思えない…。

どんな業界も勘違いしている。

若い人を取り込もうとしても、若い人が減っているのだから…。

そう考えれば、長澤まさみのうっとおしさがますます際立ってしまうのではなかろうか。

大河ドラマ真田丸の松の最期とは? [テレビ]

NHK大河ドラマ「真田丸」で、

主人公の真田信繁(幸村)の姉・松。

松を演じるのは木村佳乃さんです。

63209_200902170847432001234869007c.jpg

http://www.oricon.co.jp/news/63209/full/より引用

「信繁が終生慕った姉。織田信長の人質となるなど数奇な運命をたどる。」

とされています。

史実上では、真田信繁(幸村)には村松殿(むらまつどの)という姉で真田家の長女。

木村佳乃さんが演じる「松」はおそらく、

この村松殿がモデルになっていると思われます。

そして村松殿は、小山田茂誠という武将と政略結婚

…ところが二人はラブラブな夫婦として描かれています!

「真田丸」の脚本を書いている三谷幸喜さんは

「できるだけ史実に忠実でありたい」とインタビューで語っていますが、

史実があまりはっきりしない松と小山田茂誠に関して、

おもしろ要素を使いやすかったのかな?と思います。


大河ドラマ「真田丸」では、

本能寺の変で安土城下を脱出した信繁と松たちでしたが、

途中、信繁たちと離れ離れになってしまいます。

佐助が松と合流しますが、

敵に囲まれた松は、崖から琵琶湖へ飛び降ります…

これが松の最期なのか…???

夫の茂誠は悲しみ、松が亡くなったこの場所に残ることにします…


ところが!!

松は生きていました!

近くの漁民に助けられていましたが、

記憶喪失に!

なんだか韓国ドラマのような展開ですが、

三谷ワールドがどのようになっていくのか、

気になるところです!

これからも「真田丸」の展開に目が離せませんね!



タグ:真田丸 松

真田丸のキャスト服部半蔵役は? [テレビ]

大河ドラマ「真田丸」で服部半蔵役に抜擢された

お笑いコンビ・ハマカーンの浜谷健司さん。

2197d4993de757a64deec6de395b5d85.jpg

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/167621/attachment/%E6%B5%9C%E8%B0%B7%E5%81%A5%E5%8F%B8/より引用

服部半蔵と言えば「忍び」として有名ですよね?



服部半蔵とは?



服部半蔵とは、父の代から家康に仕える徳川家の家臣で徳川家の忍び。

伊賀衆と甲賀衆を率い、家康が危機にさらされた伊賀越えでは先導役を務める。

ドラマでも重要な役どころ。

芸人さんは皆さん演技がうまいですよねwww

服部半蔵をコミカルに演じていて、好感が持てます!



お笑い芸人・ハマカーンとは?


ハマカーンは、2000年に結成された浜谷健司さんと神田伸一郎のお笑いコンビ。

g07-0032-160216.jpg

http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp18542より引用

THE MANZAI 2012優勝者でもあります。

浜谷 健司(はまたに けんじ)さんは、1977年11月19日、

埼玉県入間市出身の38歳。担当はツッコミ。

神田 伸一郎(かんだ しんいちろう)さんは、1977年3月12日

インドネシアジャカルタ生まれ、神奈川川崎市育ちの38歳。 ボケ担当。


神田さんは「神田うのさんの弟」ということで有名ですね!

だから、ハマカーンといえば「うのちゃんの弟のお笑いコンビ」

という印象が強かったです…

ところが今回、大河ドラマ「真田丸」の服部半蔵に抜擢されたのは

浜谷さん、、、ということで、

俳優としての評価が上がりそうですね!

また、現在「ゲス不倫」などという言葉が使われていますが、

「ゲスの極み乙女。」からでしょうけど、

わたしは浜谷さんの「下衆の極み!」というネタで使う言葉を

思い出すのでした!

「真田丸」での服部半蔵の出番は、これから増えるとは思えませんが???

浜谷さんのドラマ出演は増えそうですね!


演歌歌手・紫艶って何者?画像あり [芸能]

文枝よ、おまえもか――。

タレント、ミュージシャン、国会議員と不倫が続々と暴露される中、

超ベテラン落語家もその仲間入りだ。

発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が

6代目桂文枝(72)と歌手・紫艶(38)の「20年不倫」を報じたのだ。
記事によれば、2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。

大阪・梅田マンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、

その関係は20年に及ぶという。文枝は紫艶の名付け親でもある。


紫艶(しえん)のプロフィール

4847025857.jpg


https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784847025853より引用


紫艶(しえん) 1978年1月17日(38歳)は日本の演歌歌手。兵庫県尼崎市出身。

旧芸名は中江 ひろ子。

2歳9ヶ月から民謡を歌い始める。

18歳のとき「吉本演歌歌謡曲選手権」で優勝。

「紫艶」として、シングル『渋谷のネコ』でデビュー。
セクシーな演歌歌手として注目を集める。

2000年(平成12年)に、日本有線大賞新人賞を受賞する。

身長 165cm/バスト 90cm(Fカップ)/ウエスト 60cm/ヒップ 88cm

関西演歌大賞グランプリ、日本有線大賞新人賞、「吉本演歌歌謡曲選手権」優勝などの受賞暦がある。



…画像はかなりのセクシーさですね!

画像を検索すると、もっとセクシーなものもあるようです!

今回、文枝との不倫を暴露したのは、なぜなのでしょう…

「別れ話のもつれ」とも言われています。

またもや「売名行為」にも見えますが…

ベテラン落語家も、ゲス不倫に撃沈なのか???

桂文枝の嫁は不倫報道に何を思うのか… [芸能]

落語家、桂文枝(72)が、20年にわたって、

演歌歌手の紫艶(しえん、38)と不倫をしていたと、

19日発売の写真誌「FRIDAY」が報じている。

20160219-00010000-friday-000-1-view.jpg

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160219-00010000-friday-entより引用

現在72歳の文枝さん…奥様は今、何を思っているのでしょうか?

そもそも桂文枝の嫁って誰なのか???


桂 三枝 プロフィール

本名は河村静也。昭和18年7月16日生まれ、大阪府堺市出身。

昭和41年、関西大学在学中に、桂小文枝(故・五代目桂文枝)に入門。

昭和42年、ラジオの深夜番組に出演し、若者に圧倒的な支持を得る。

昭和44年にテレビの司会に抜擢されてから、数々のレギュラー番組を担当する。

昭和56年、「創作落語」を定期的に発表するグループ・落語現在派を旗揚げし、

現在までに220作以上の作品を発表。

二度の文化庁芸術祭大賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞し、

平成18年秋には紫綬褒章を受章した。

また平成15年第6代目の上方落語協会会長に就任。

大阪の文化振興に貢献したことにより大阪文化賞特別賞を、

平成19年には菊池寛賞を受賞し、秋の園遊会に招待された。

そのほか国内外で独演会や講演会を開催するかたわら、

18人もの落語家や、タレント・俳優の育成に励み、

また俳優・劇作家としての仕事や、大学で特別講義を担当するなど教育・文化活動にも力を注いでいる。

…すばらしい経歴ですね!

この経歴に「不倫」によって傷がつくとは…



奥様は元タレントの高橋真由美



奥さんは、高橋真由美さんという方で、タレントをされていたそうです。

1971(昭和46)年6月~「ヒットでヒット バチョンといこう!」で共演中の高橋真由美と婚約

1971(昭和46)年7月大阪府池田市に新居をかまえる

1972(昭和47)年3月2日池田カソリック教会にて挙式

となっています。

44年の結婚生活…「落語家の嫁」だったら、

ひとつやふたつの浮気なんて…って感じなのかな~?

子供は2人、長男と長女がいるそうで、

長男のほうは、ある芸能事務所の社員をしているといいます。

老いらくの恋…わ~、ゲスいわ~!



大学で教授としての肩書きも…



そして、調べてみたところ、なんと関西大学の文学部にて、客員教授をされているそうです。

ほかにも函館大学の商学部でも教授をされているそうで・・・。

平成24年度関西大学客員教授に就任されていますよ!

(実は、桂文枝さん自身が関西大学の商学部の出身で、商学系の勉強もされていたようです。)

これも不倫騒動によって、辞めさせられちゃいますかね…

今後の動向に注目です!
タグ:桂文枝 嫁

桂文枝と紫艶の不倫画像がフライデーされる [芸能]

落語家、桂文枝(72)が、20年にわたって、

演歌歌手の紫艶(しえん、38)と不倫をしていたと、

19日発売の写真誌「FRIDAY」が報じている。

同誌に、紫艶が18歳から20年交際していると告白。

同じ舞台に立つ機会を得たことで、交際に発展したと話している。

誌面では、旅行先で撮られたとみられるツーショット写真などを複数掲載している。

文枝の所属事務所は「記事に書かれている事実はございません。

写真は10人ぐらいで一緒のときのもので、

ここ十数年、会ったこともない状態」と説明している。(夕刊フジ)

4.jpg

http://newscrap.net/archives/730より引用



文枝よ、おまえもか――。



タレント、ミュージシャン、国会議員と不倫が続々と暴露される中、

超ベテラン落語家もその仲間入りだ。

発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が

6代目桂文枝(72)と歌手・紫艶(38)の「20年不倫」を報じたのだ。

記事によれば、2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。

大阪・梅田マンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、

その関係は20年に及ぶという。文枝は紫艶の名付け親でもある。

「今回、最初に載っている写真は、2~3年前の独演会のとき、

楽屋に押しかけてきて撮った写真。それ以外はかなり大昔の写真で、

本人はフェイスブックにアップして『知人だけに公開できる設定にしていたのに、

パソコンの不具合で流出したのかも』なんて言っているそうですが、

別れ話がもつれてわざと流出させたのではと囁かれています」(芸能関係者)



「生涯、師匠だけ」



紫艶は現在、都内でホステスをやっているそうで、芸能界は事実上引退。

私が親密になった男性は生涯、師匠だけ」とも語っているだけに、

ちょっとやそっとの関係でないことは確かなよう(所属事務所の吉本興業は「交際の事実はない」と否定)。

文枝は22日に大阪市内で「創作落語の会」の会見に出席予定。何を語るか注目だ。(日刊ゲンダイ)


落語家・桂文枝(72)が、愛媛県松山市の道後温泉のPRを担う「道後遣湯使」に就任し、

21日に行われる予定だった任命式の延期が19日、決まった。

文枝を巡っては、19日発売の写真週刊誌「フライデー」が、

文枝と30代の女性歌手との「20年不倫」を報じている。

文枝の所属事務所は「記事にあるような不倫の事実はありません」と否定している。

ただ所属事務所によると、21日の任命式に関しては、

騒動の余波でメディアから注目され「主旨と違った形の会見になることが予想された」ため、

松山市と協議のうえ延期が決定したという。(デイリースポーツ)



…またしても「ゲス不倫」ですなwww

報道の2ショット写真は、「不倫は事実でない」と言えないような

ラブラブ写真ばかりですよね?

これからどんな展開を見せるのか…

吉本興業を揺るがす大スクープ!

いったいどうなるのでしょうか???




ディーンフジオカ・嫁の名前はヴァニーナ! [芸能]

「あさが来た」の五代友厚役で人気爆発のディーンフジオカ。

お嫁さんはインドネシアの華僑なのだそう!

ディーンフジオカ子供妻.jpg


http://9rious.jp/entertainment/deanfujioka-childrenより引用


そのお嫁さんの名前は、ヴァニーナさん。

フルネームでは、ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤット。

中国系のインドネシア人の方で、オーストラリアで教育を受けていた、

という経歴の持ち主。

ニックネームは「ジャカルタの虎」。

どうやら、インドネシアで音楽系の会社の社長さんをしていたようですね。

やり手の社長さんだったのでしょうか…

そこから「虎」なんてニックネームが付いたのでしょうかね。

モデルさんでもあったヴァニーナさん。

スタイル抜群!ということですね!

ディーンさんとヴァニーナさんは、共通の友人の紹介で台北でのディナーの場で初めて知り合ったのだとか。

その時はお互いが「運命的な出会いだ」と感じ交際にまで発展したそうです。

二人は、2012年7月にバリで結婚

ディーンさんは妻のことを

「言葉は少ないが、発言がストレートで、要点を突いている」

「エキセントリックな人」と語っています。

現在は双子の父親であるディーンさんは、嬉しそうに

「そうなんです。パパで~す」とトーク番組で笑顔で答えたんだとか。

「男女の二卵性です」と明かし

「(子どもは)かわいいですね。娘は僕に似てますかね」と親バカぶりを発揮!

双子は、かわいいですね~しかも男の子・女の子に恵まれるなんて、

幸運ですね!

奥さんのヴァニーナさんは、現在は双子のお子さんとジャカルタで暮らしているそうです。

子育てが大変でしょうから、現在は社長は引退されたんでしょうか…

なんだかうらやましいかぎりのディーンフジオカさん♪

これからの活躍を期待したいですね!

「オーロラ当たるぅ」CM”岡山の奇跡”、桜井日奈子が女優デビュー! [芸能]

5月26日(木)から大阪で上演される舞台「それいゆ」で、

“岡山の奇跡”桜井日奈子が女優デビューすることが分かった。

maxresdefault.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=1_Ute_BUSV0より引用


「オーロラ当たるぅ!」のCMでおなじみの桜井日奈子ちゃん♪




桜井は'14年に「岡山美少女美人コンテスト」の美少女部門グランプリを獲得。

“岡山の奇跡”と称され、注目を集めており、

「白猫プロジェクト」「いい部屋ネット」などのCMに出演している。

くしくも、同舞台では女優になることを夢見ている女学生役を演じる。

女優デビューが決定した桜井は

「女優さんになることが目標でした。

いよいよだなって思うと、本当に私にできるかなと不安にもなります。

今はまだ演じる自分のことを想像できないというか…。

でも、周りの応援してくださっている方々の期待に応えたいです。

精いっぱい努力して一生懸命に舞台『それいゆ』に取り組みたいと思います!!」と意気込みを語った。

演出を担当する木村淳氏は「“ひまわり”を探していました。

経験の有無、これまでのキャリアは関係なく…

“ひまわりのような少女”が舞台『それいゆ』には不可欠なピースです。

いちずに真っすぐと、天空を見上げるたたずまい…決してそれはかなわぬ思い…。

それが私が考える“ひまわり”。役者・桜井日奈子はもちろん未知数です。

しかし彼女は“ひまわりのような少女”であることを私は確信しております。

彼女が『役者としての第一歩を踏み出す瞬間』を共有できることに、

大きな責任感とワクワク感を持って現場に臨みたい、そう考えております」と桜井への期待を口にした。

同舞台は「ウロボロス-この愛こそ、正義-」('15年)、「S-最後の警官」('14年、共にTBS系)などを手掛けた

脚本家・古家和尚による舞台初書き下ろし作品。

主演は中山優馬で、昭和初期に女性たちのカリスマだった中原淳一を熱演する。

中原は少女雑誌「少女の友」の画家として人気を博した後、女性誌「それいゆ」、

少女雑誌「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」を創刊し、

デザイナー、ヘアメークなど幅広い分野で時代をリードした人物。

そんな中原の「美しく生きる」というメッセージを現代に問い掛けるストーリーだ。

他、ふぉ~ゆ~・辰巳雄大、佐戸井けん太、施鐘泰(JONTE)らが出演。

5月26日(木)から29日(日)まで、大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティ、

6月1日(水)から5日(日) まで東京・Zepp ブルーシアター六本木で上演予定となっている。(Smartザテレビジョン)



中山優馬くんが主演なんですね♪

バーターでふぉ~ゆ~兄さん、出るんですね!

若いキャストのお芝居になりそうで、楽しみです!

もちろん、日奈子ちゃんにも期待!

これでお芝居もいける!となれば、

ドラマなどにも起用されるでしょうからね!

テレビでの活躍を期待していますよ!

ピカ子メイクで安田美沙子が変身!ファンデーションがポイント! [芸能]

2016年2月9日の解決!ナイナイアンサーは、ピカ子の魔法の引き算メーク。

安田美沙子さんをゲストに迎え、

シミやくすみをしっかり隠すメイクなのに、なぜかすっぴん肌に見える魔法ワザを伝授!

厚塗りしてもナチュラルに見える裏技があるそうで、

安田美沙子のメイクは「ジミで中途半端、シミが隠し切れていない」とバッサリ。

どんな魔法ワザが飛び出すのでしょうか??



ベースはリキッドファンデーションのみを使用



ファンデーション用ブラシを使用して、顔全体にリキッドファンデーションを塗っていきます。

シミが気になる部分にトントンとリキッドファンデーションを叩くように馴染ませ、

シミがなくなるまで重ねていくのがポイント。

シミ隠しは色・質感を統一するために同じファンデーションを使用。

コンシーラーを使わないのがピカ子流!

次に、ファンデーションブラシで顔全体にパウダーファンデーションをのせる。

とろみ化粧水を顔全体に10回ほど吹きかけ、乾燥させたら、2度目の化粧水を吹きかける。

これでベースメークが完成!

とろみ化粧水選びのポイントは、肌に噴きかけても流れ落ちない物が良いのだとか。

とろみのある化粧水は乾いても油分が肌に乗り、

この化粧水の油分がすっぴんのような光の反射を作り出します。

アイシャドーもマスカラも塗りません!

アイシャドー&マスカラを引き算して、アイラインのみを使用。

二重のラインを消し、アイラインを幅いっぱいに引いていきます。

目尻はやや上向きに引くのがポイント。

まぶたにはファンデーションも塗らず、すっぴんの持つくすみをアイシャドーとして利用。

奥二重が、くっきりとした目元に大変身!

口元はピンクとオレンジの中間色のペンシルを使用。

ペンシルは油分が少ないので色が落ちにくいとのこと

そして完成したメークはコチラ↓

misako-6-300x225.jpg

http://www.xn--zck7et18qdhm.jp/simi/yasudamisako/より引用

目元がはっきりしていますね!

肌のつやもあり、ステキです!

ピカ子メイク、今後も楽しみにしています!

加藤紗里の卒アル画像…安田女子高校出身で本当の年齢が判明! [芸能]

狩野英孝との交際で注目を集め、

テレビやブログなどのSNSで、炎上発言を繰り返している

モデル・加藤紗里。

広島県出身の加藤さんは「広島の恥」と言われるほどに…

加藤さんは広島にある中高一貫校の「安田女子高校」出身。

卒アルの画像が出回っています。

CbJvwkwXEAIXbmC.jpg

http://newscrap.net/archives/725より引用

安田女子高校は、偏差値60~64だそうで、

おバカではないようです…おバカキャラを狙ってる?



狩野英孝との交際で注目を集め、

テレビやブログなどのSNSで、炎上発言を繰り返している

加藤紗里の“炎上商法”にかげりが見え始めたそうだ。

本人は売名行為を否定しているが、反響のバロメーターとも言われる

ブログのコメント欄への書き込みが

16、17日の2日間は3ケタ台に急落している。

加藤が狩野の恋人と一部で報じられたのが今月3日。

あれから2週間。この日も加藤はテレビの情報番組に出演するなど、

精力的に活動したが、騒動はようやく収束の気配を見せている。

加藤が7カ月ぶりにブログを再開したのは今月5日。

それ以前は15年に2回、14年に2回ブログを更新しただけ。

騒動後に書き込まれたコメントが多いが、記録上は15年7月のブログに53件、

同6月に51件、14年3月に26件、同1月が27件の書き込み数だった。

それが、“狩野の恋人”として一部スポーツ紙のインタビューに応じた

5日の“再開ブログ”では、256件と3桁にジャンプアップ。

テレビのインタビュー取材に応じた後の7日のブログでは672件、

狩野と2ショットで「ロンドンハーツ」に出演した模様が放送された後に

「ロンハー ロンハー ロンドンハーツ」のタイトルで更新したブログには

4251件の書き込みが殺到した。

加藤のブログ戦術は巧みの一言。

「テリー伊藤さんに『毒りんごを食べた白雪姫みたいな子だね』って言われたと思ってたから

超美化してたんだけど……毒りんごを食べさせた魔女とか化け物の方だったっぽい笑笑笑笑。

どうも魔女です」「めっちゃかわいいじゃん。紗里」などと、

世間のバッシングを逆手に取り、炎上キャラや叩かれキャラで生き残りを図っているように見える。

タレント・新山千春は昨年10月、テレビ出演した際、

「ブログのアクセスを左右するのはコメント欄」と断言。

「1度、コメントを書いた人は、その反応を見るためにまたブログに飛んできてくれる。

そこに反応があると本当にアクセス数があがる」と“炎上芸”のおいしさを説き、

誹謗中傷のコメントが殺到しても閉鎖しない理由を説明していた。(デイリースポーツ)




…そして年齢詐称か?と思われるコメントも、実は“炎上”を招くための

「1981」だったのでは?という疑惑も…

2006年に16歳で「ミス日本コンテスト」で中国四国代表に。

その理由から、加藤さんの年齢は、25歳で間違いないようだ。

わざと数字を出して年齢詐称?と思わせたり?

20万じゃなく10万だったとか?

英孝にもらってないネックレスの話をしたり?

…なんだかこわいな…この人。。。

バックに恐い人いるそうな。。。

英孝を脅してるの???

顔も怖いけど、中身もコワっっ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。