So-net無料ブログ作成
検索選択
SMAP解散 ブログトップ

小杉理宇造はSMAPに言及? [SMAP解散]

SMAP解散が発表されましたね!

ジャニーズ事務所の顧問である小杉理宇造(こすぎ・りうぞう)氏が1月に解散騒動があったとき、SMAPメンバーに言及していたそうなんです!

ということで、小杉理宇造はSMAPに言及?について、調べてみました!


1月18日夜、SMAPの緊急謝罪会見について小杉理宇造が…




1月18日夜、フジテレビが生中継したSMAPの緊急謝罪会見。

ダークスーツ姿で神妙な面持ちのメンバーたちはそれぞれに謝罪の言葉を述べたが、「存続」は明言しなかった。

週刊文春はSMAP存続の条件について、同日正午、ジャニーズ事務所の顧問であり、関連会社「ジャニーズ・エンタテイメント」代表取締役の小杉理宇造氏(68)にインタビュー。

小杉氏は独立騒動の顛末についても子細に答えた。

「一度独立を表明した(木村拓哉以外の)4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。

まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。

“内”に向けた謝罪も必要です。社長のジャニー(喜多川氏)をはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。

さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。

寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」

生中継前日の17日夜、木村以外のメンバーは東京渋谷区にある関連会社に集合。

草なぎ(弓へんに剪)剛が会見で「今回ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて今僕らはここに立てています」と明かした通り、この晩、4人は木村の仲介でジャニー社長に騒動後初めて会っていた。

独立の動きが表面化した全てのきっかけは、ちょうど1年前、週刊文春が掲載した藤島メリー泰子副社長のインタビューだった(2015年1月29日号)。

週刊文春は最新の1月28日号でSMAPクーデター鎮圧の全内幕を詳報する。

<週刊文春2016年1月28日号『スクープ速報』より>








「ジャニーズ・エンタテイメント」代表取締役の小杉理宇造氏とは?





小杉理宇造(こすぎ りゅうぞう)は音楽プロデューサー、スマイルカンパニー代表取締役社長。

ジャニーズ事務所顧問、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役も兼務する。

「スマイルカンパニー」は、山下達郎さんのマネジメントのために設立された芸能プロダクション。

そしてあの中森明菜さんと近藤真彦さんの「金屏風」謝罪を主導した人物だとも言われています。


小杉理宇造プロフィール




名前:小杉理宇造(こすぎ りゅうぞう)生年月日:1947年11月10日  息子:元cannaで作詞・作曲家の周水(Shusui)

職業:音楽プロデューサー、スマイルカンパニー代表取締役社長。ジャニーズ事務所顧問、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役社長

どれだけ偉い人物なのか?というと、①ジャニー喜多川社長②メリー喜多川副社長③藤島ジュリー景子副社長④小杉理宇造の順で偉いんだとか。

ジャニーズ派閥的にはどこに属するのか?というと、完全にメリー副社長派閥。

以前、小杉理宇造が語っていたことには、「もう一つはジャニーズグループのスーパーバイザーみたいなことをやってるけど、僕はジャニーさん、メリーさんという人間が大好きで、この人たちが僕を必要としている限りはお役にたちたい、ただそれだけです。

だから目標はもうふたつしかない。達郎、まりやが続ける限りは手助けしたいということ、ジャニーさんメリーさんに必要とされる間はお手伝いしたい、このふたつなんです。」

ということだそうですよ!小杉理宇造さんはとにかくスゴい人なんです!








中森明菜さんと近藤真彦さんの「金屏風」謝罪とは?




明菜さんは、松田聖子と並んでアイドル歌手の頂点に上り詰め、80年代の歌謡界をリードしてきた。

しかし、その一方で、近藤真彦と深い関係に陥り、マッチと一緒にいたいがために相次いでコンサートをドタキャン。

また、マッチとの痴話喧嘩が原因で自殺未遂を繰り返していたが、1989年、明菜さんは近藤真彦さんの自宅浴室で自殺未遂事件を起こし、この事件が大きくスキャンダルとして報道されます。

明菜さんはこれをきっかけに芸能プロダクション「研音」から独立。

同年の末に近藤真彦さんも同席した上で、金屏風の前で謝罪会見を行います。

明菜さんは、謝罪会見だと知らされず現場に行かされたとも伝えられています。

(明菜さんはマッチとの婚約会見をすると思っていたのでは?という情報もあります)

「友達です」と言わされ、謝罪会見なのに金屏風だったことが当時話題になりました。

このマッチ宅での自殺未遂騒動で明菜さんの人生は変わってしまったといわれています。







明菜さんと個人事務所を設立した小杉氏



自殺未遂後、担ぎ込まれた病院にいち早く駆けつけたのは、所属していた研音のスタッフではなく、マッチの母親代わりだったジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長だった。

メリーさんは、いかに明菜が研音に搾取されているかというデタラメな情報を吹き込んで、明菜と研音の関係にひびを入れた。その結果、明菜は翌年に研音から独立。

マッチの担当だったという元ビクターのディレクターだった小杉理宇造(現ジャニーズ・エンタテイメント代表)と個人事務所コレクションを設立したが、活動を再開しないうちに小杉が降りてしまったのだとか。


明菜さんの自殺未遂事件といい、SMAPの解散騒動といい、ジャニーズ事務所にとって大きな事件となると、小杉氏の出番なのでしょうか?

それほど小杉氏の事件に対する対処の仕方がうまいんでしょうか?

これまで小杉氏の名前を聞いたことはありませんでしたよね!

Kinki KIdsが山下達郎さんから楽曲を提供されていたのはこんなつながりがあったことを初めて知りました!



SMAP解散騒動まとめ





SMAPをデビューから面倒見てきた飯島三智マネージャーが、SMAPメンバーを引き連れ、独立しようと画策。

しかし、木村拓哉はジャニーズ事務所側についたため、独立の話は流れた。

当初はメンバー全員が、いよいよとなれば飯島氏とともにジャニーズを去るという話でしたが、木村拓哉が直前になってジャニーズ本体側についたことで、他4人と飯島氏が“謀反人”と報じられることに。

しかし、メリー氏の言い分をパワハラなどとする見方も強まり、逆に木村が“裏切り者”と呼ばれるようになっていった。

その中で、最も飯島氏に可愛がられていたという香取慎吾は、木村とともにグループ活動を継続することが、どうしてもできないと主張するようになっていった。

2016年8月14日深夜、SMAPが解散することが報道各社にファクスが流れる。翌15日の各スポーツ紙では、全メンバーのコメントとともにグループの解散が1面で報じられることに。

各メンバーがファンや関係者への謝罪をするなかで、木村は「正直なところ本当に無念です」「本当に情けない結果になってしまいました」と、自分の意志はグループの存続であることを全面的にアピールするコメントをしていた。

さらにジャニーズによるFAXでも、『メンバー数名より<休むより解散したい>という希望が出たことを受け』と、解散が“一部メンバー”による希望であることを表明。これは結局、SMAP解散において『木村は悪くない』というアピール。

年始の分裂報道でも、ジャニーズサイドは『木村だけが正しい判断をした』という論調の情報をしきりに流していたことから、逆に木村への猛バッシングが発生してしまったことをまったく理解していない、ということなんだとか。

まとめ役である中居の気持ちを知ることは、グループとしての最終的な意思確認でもあるため、今月10日に他メンバーも集まることになった。しかしその場に木村の姿はなかった。

今月に入って休暇を取り、家族を伴ってメリー喜多川副社長(89)らとハワイに長期滞在していた。

木村は既にその時点で休業案を受け入れており、駆けつける必要がないと判断したとみられる。

事務所関係者を交えた4人による話し合いをする中で事態は急転した。周囲は1~2年間の休業を想定していたが、香取が休業ではなく解散を強く主張。草なぎも解散を主張した。

2人の気持ちを知った稲垣も同調した。放送関係者によると、事務所関係者に「休業か解散か」の2択を迫られた中居は、3人の意思を尊重した上で「解散でいいと思う」と返答したという。

存続を望みながらも、最終的に「解散でいいと思う」と口にした。

めったに主張してこなかった年下3人の意志の強さを感じ、グループ存続をあきらめた瞬間だったのかもしれない。

巧みな話術と機転でグループをまとめてきた中居でも、解散を止めることはできなかった。

中居くんと木村くんの不仲説があった、といわれていますが、中居くんは中立の立場でメンバーの中にいた、とも言われています。

確かに中居くんって、SMAPの誰かとすごく仲がイイわけでもないし、いろんな番組で大御所たちと接する機会が多い人ですから、いろんな意見を聞いて中立の立場にいることが自分の役割だと思っていたのでしょうね。。。

ということで、小杉理宇造はSMAPに言及?についてでした!

関連記事

SMAP木村拓哉は裏切り者なのか?「最低」との声もあるが…

SMAP解散報道に小杉理宇造氏が言及 「木村くんに謝るべき」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
SMAP解散 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。